決め手は就職サポート

就職サポートのプログラム公認会計士という仕事に就きたい、キャリアアップをしたい、そう考えて、仕事をしながら、あるいは子育てをしながら勉強される場合には、公認会計士講座の受講がお勧めですが、数多くある中からどのように選べばよいか悩まれるかもしれません。講座の選び方としては、充実した就職サポートの有無が大切なポイントになります。講座を受講して、試験に合格したとしても、就職サポートがなければ、あるいは、そのサポートの質が悪い場合には、公認会計士としてすぐに働ける場が提供されず、就活をする必要が出てきてしまいます。

講座選びの際は、試験対策の為の準備を進めると同時に、就職サポートのプログラムも利用できるような講座を選ぶようにしましょう。試験も当然のことながら、就活に関しても、しっかりとした準備が必要です。猛勉強をしながら、就職のことも準備することは容易ではありません。しっかりとしたサポートがある公認会計士講座を選ぶことで、自分の希望する仕事に就職を果たす為に、いろいろなプログラムを活用し、就職に有利に運ぶようにサポートを受け、合格後のプランも立てていくことが大切です。公認会計士講座を選ぶ際のポイントとして参考にしてください。

公認会計士という仕事

公認会計士公認会計士という仕事について説明をします。あまり知られていませんが、公認会計士とは、社会的に大きな役割を担う業務を行っています。それは「監査」であり、耳慣れない言葉かもしれません。監査とは、企業の収入や支出が記載された財務諸表をきっちりと確認し、その内容に嘘偽り、誤りがないかを徹底的に調査する見張り役です

証券取引所に株式を上場している企業、資本金5億円以上ある大企業には、法律を守って経営がなされているかという監査を受けることが義務付けられています。この監査業務を独占的に行っているのが、公認会計士であり、独立した第三者的立場から、企業の経営状況を厳しくチェックしています。この監査があることで、企業が決算時に嘘の数字でごまかす「粉飾決算」を防ぐ役割をしています。粉飾決算を見逃してしまうと、株主が投資をする際に、正しい情報の元で正当な判断を行うことができなくなってしまう為、日本経済への影響は計り知れません。トラブルや混乱を未然に防ぐ為に、監査役は日本の経済活動を支える縁の下の力持ちという存在です。また、監査役以外にも、経営や会計の知識を生かしたコンサルティングや税務サポートをしている公認会計士もおり、その活躍の場はますます拡大しています。

公認会計士の勉強方法

公認会計士になるには、司法試験の次に難しいとも言われている国家試験を突破しなければいけません。加えて、合格後も2年以上の実務経験が必須となっており、その後受けることが可能となる最終試験も合格してはじめて、ようやく公認会計士として登録することが許されます。公認会計士を目指す人は、何年も勉強してやっと合格するというケースがほとんどです。

公認会計士公認会計士の最初の難関である、二段式の筆記試験に合格するには、標準勉強時間が3,000~5,000時間かかるとされています。独学でと考える方もおられるかもしれませんが、この数字を見ても分かるように、独学は無謀であると考えた方が賢明でしょう。ほとんどの方が、専門的に勉強できる専門学校や公認会計士の対策講座を受講し、ある人は、夜間の学校も利用してダブルスクールをする人もいる程です。それ程に難関な試験ですので、長期的スパンでの、しっかりとした学習計画を立てる必要があります。

最近では、現役学生だけではなく、社会人になってから公認会計士の試験にチャレンジする方も増えています。キャリアアップを目指す方、手に専門職をつけたい方、女性進出も目覚ましく、子育てが終わる頃の社会復帰の為という方もおられます。会社を辞めて勉強する訳にはいかない、専門学校へ入ってしっかり学ぶ費用をかけることもできない、という方には、公認会計士講座の受講がお勧めです。これから公認会計士を目指すという方へ、公認会計士の仕事講座の選び方を紹介します。