公認会計士という仕事

公認会計士公認会計士という仕事について説明をします。あまり知られていませんが、公認会計士とは、社会的に大きな役割を担う業務を行っています。それは「監査」であり、耳慣れない言葉かもしれません。監査とは、企業の収入や支出が記載された財務諸表をきっちりと確認し、その内容に嘘偽り、誤りがないかを徹底的に調査する見張り役です

証券取引所に株式を上場している企業、資本金5億円以上ある大企業には、法律を守って経営がなされているかという監査を受けることが義務付けられています。この監査業務を独占的に行っているのが、公認会計士であり、独立した第三者的立場から、企業の経営状況を厳しくチェックしています。この監査があることで、企業が決算時に嘘の数字でごまかす「粉飾決算」を防ぐ役割をしています。粉飾決算を見逃してしまうと、株主が投資をする際に、正しい情報の元で正当な判断を行うことができなくなってしまう為、日本経済への影響は計り知れません。トラブルや混乱を未然に防ぐ為に、監査役は日本の経済活動を支える縁の下の力持ちという存在です。また、監査役以外にも、経営や会計の知識を生かしたコンサルティングや税務サポートをしている公認会計士もおり、その活躍の場はますます拡大しています。